留学して良かった事

留学して良かった事

留学をしたいけれどまだいま一つ一歩を踏み出せない人も多いはずです。
そんな人に今回は留学して良かった事などを教えます。

 

@第二外国語が喋れるようになった

 

これは留学の一番の目的でもありますが、
やはり小さい頃から日本語にしかなじみがないと、
他の言語を勉強する事はとても苦労します。
しかし、喋れるようになって、ネイティブの人に伝わった時の達成感は計り知れません。
また、旅行で海外に行っても、
物怖じせずに自分の欲しい物をはっきり言えるようにもなります。

 

A外国人のお友達が増えた

 

外国人の友達が出来るという事は、自分の視野が広がり、
新たな発見や考え方が出来るようになるということです。
文化も全く違う、言葉も、考え方も違う国の人と仲良くなる事で
自分の新しいステップアップにもつながるのではないでしょうか。
ただ時間にルーズな国の人には時々いらいらしてしまうと思いますが。

 

B夢が見つかった

 

何かしたいことがあって留学を決めた人ばかりではないと思います。
そんな時に留学生活を通じて実際に異文化に触れ刺激されていると
色々なアイディアが浮かぶようになります。
そして自分のやりたい事が見つかったり、
自分は今、何をするべきなのかが見えてくる人も多くいるようです。
逆に言えば、夢も希望もない!なんて思っている人は
留学する事によって気持ちが晴れる事もあるのではないでしょうか。

 

C就職先が見つかった

 

留学する事により、言語を学ぶと共に、現地でボランティアを行います。
実際に海外の企業で働いていた事は日本に帰ってきてからも強みになります。
特にオフィス系やホテル系、旅行会社などでボランティアした人は
日本での就職活動に有利と言われています。

 

D自信がつく

 

居心地のいい日本を飛び出して海外に留学するという事は本当に覚悟がいりますね。
ですが実際、海外に来て語学の勉強をして現地の人と仲良くなれると
本当に自分に自信がつきます。
最初は全く話せなかった語学も少しだけでも喋れるようになると、
やれば出来るのだという自信につながります。

 

この様に、留学をする事により、自信がついたり、お友達が増え、
夢が見つかり、就職もうまくいく。
留学は決してマイナスにはならないでしょう。
あなたの人生できっとプラスに動いてくれるはずです。

 

もし何かに迷った時も、
留学生活で頑張ってきた事を思いだし乗り越えていく人も多いです。
あなたが留学をしようか迷っているのであればお勧めします。
思い立った時に行動しないと後で後悔するのが留学だと思います。
ぜひ新しい自分を発見する為に留学をしてはいかがでしょうか。