留学する時期を決めよう!

留学する時期を決めよう!

留学する事は決めたものの、
果たしていつどの時期に行くのが一番タイミングがいいのでしょうか?

 

1年の留学だったら行く時期なんて関係あるの?と思われがちですが、
実は留学生活を有意義にエンジョイするためにはとても大切な事なんですよ。
それは行く国や地域によっても変わってきます。

 

ここでは国別でいつ行けばいいのかお勧めの時期を紹介します。

 

@アメリカ、ニューヨーク

 

日本人の留学で一番憧れであり人気の場所はやはりニューヨークですね。
ファッションや芸術、アートの町としてもしられ、
色々な人種の人々が共存しあっています。

 

ニューヨークといえばやはりクリスマスのイルミネーションが有名ですよね。
ニューヨークに一年の留学で行くのにおすすめの時期はズバリ!11月です。
11月のニューヨークはとても寒くマイナスにもなる日もあります。
そんな時期に留学なんて。と思いがちですが、寒いから行くのです。
夏のニューヨークは毎日がパーティーの様に楽しみが待っています。
なのにそんなみんなが楽しんでいるのを横目に勉強だけカリカリやりたくないですよね?
冬の始まりの時期に渡航をして、一番寒い1月、2月は勉強に明け暮れます。
そして6ヶ月程、語学を学んだ頃に楽しい夏がやってくるのです。
夏は多くの人とも出会うので、
冬の間、頑張った勉強の成果を見せるのにも一番いい時だと思います。

 

そして人気の国、カナダも同じです。
冬のカナダは寒い時期ですとマイナス30度にも達する事もあり、
カナダ人も冬の間は冬眠しています。
なのであまり他の事に目もくれず勉強だけに集中出来ます。

 

四季がある国には冬に留学に行く事をおすすめします。

 

 

Aフィリピン。東南アジア全土。

 

最近ひそかに留学するのに人気の国、フィリピンを始めとする東南アジア全土。
平均気温は26℃で一見、一年中どの時期に行っても良さそうですが、
実はフィルピンにも雨期と乾季があります。
雨期になるととても蒸し暑く、一日中雨が降っているというわけではないが、
スコールに頻繁に見舞われる事があります。
日本のいわいる7,8,9月の夏の時期は実は東南アジアは雨が多い時期なのです。

 

逆に日本が寒い1,2月は雨量も少なく、とても快適に過ごせます。
なので日本の夏の時期に行くのがアジア留学にはおすすめです。
(雨が多いので遊ばずに勉強に励めます。)

 

しかし、その時期は日本も出国ラッシュで
少し値段は高くなってしまうかもしれませんね。

 

この様に、いく国によって留学する時期が変わってきます。
もちろん自分のタイミングもあると思いますが、
海外留学をより有効的に楽しむには時期も大事だという事を
頭の片隅にでも置いておいて下さいね。