留学中に起こりうる危ないハプニング

留学中に起こりうる危ないハプニング

留学は勉強だけではなく出来れば楽しく、
そして現地の人とも触れ合いながら生活を送りたいですよね。

 

しかし、やはりそこは安全な国、日本と大違いです。

 

普段日本で生活している様に海外でしていては、
不意に事件や事故に巻き込まれるなんて可能性もあります。

 

今回は留学生で多い事故や事件の対策を紹介します。

 

@席をとる行為

 

日本ではカフェなどに行った時に席を先に取っておく為に
椅子やテーブルの上に自分のカバンや私物を先に置いてコーヒーなどを買いにいきますよね。
特に混んでいるカフェではそうすると思います。

 

しかしそれを海外でやってしまうと、
コーヒーを買い終わった頃には私物を置いて取っておいた席にはもう何も残っていません。
つまり盗まれてしまいます。
ちょっとトイレに行く時なども自分一人だけの場合は
必ずバッグなど貴重品は肌身離さず持ち歩いて下さい。

 

A携帯操作をしながら歩く

 

これは携帯電話で何か調べ物やメールをしながら歩いている時に、
後ろから来た自転車に乗っている人などにスリにあってしまいます。
携帯電話を使用する際には必ず室内や道の端っこに行き、止まって操作しましょう。

 

B留学生同士でも気をつけましょう

 

語学学校でせっかく仲良くなった友達なので疑うのは心苦しいですが、
みんながみんな日本人の様に裕福に暮らしている国のひとだけではありません。
現に、語学学校内での盗難は日常茶飯事です。
友人を疑わない為にも、日頃から必ず貴重品は肌身離さず持ち歩きましょう。

 

Cお酒からは目を離さないようにしましょう

 

海外でなんと言っても楽しいのはお酒を飲んでクラブやバーに行く事ではないでしょうか?
しかしそこには大きな落とし穴があります。
例えばバーでお酒を買い、ちょっとトイレに行って戻って来てまた飲み始めると
何となく眠気や体が変な感じになると言った場合があります。
これは自分がトイレに行っている間に
何らかの薬を混入されてしまっている事が多いのです。
この様な事が起こらない為にも、
席を立つ際は、飲んでいるものを飲み切ってから立つか、
店員さんなどにお酒を見ておいてもらいましょう。

 

D知らない人にはついていかない

 

これは常識なのでそんな事ないと思いますが、
そこはやはり海外の解放的な気持ちと、
現地の外国人と仲良くなりたいというそんな思いから
ついついついていってしまう人も多くいます。
しかしもちろん、知らない人についていったら
何かの事件に巻き込まれる可能性は大きいですね。気をつけましょう。

 

上記で挙げた五つの事例はほんの一部ですが、
実際に留学生をねらった事件や事故は多発しています。
自分の身は自分で守るように気をつけましょうね。

 

キッズスターイングリッシュで早いうちから英会話になれさせるのもあり