ビジネス語学を学んで就職に生かそう!

ビジネス語学を学んで就職に生かそう!

留学を考えてる人の中には、
将来に役立たせるために留学するという人も居ます。
 

 

通常の語学学校は、私生活に役立つ英語などを学びますが
語学学校内である程度のレベルまで達すると
ビジネス英語クラスという難易度の高いクラスを受講する事ができるようになります。

 

これは日常会話はできているという前提で
ビジネスの場面で必要になってくる語学を学ぶクラスなのです。

 

例えば、メールや手紙の書き方、会議中での効果的な発言方法などを学び、
英語でのコミュニケーション能力を向上させるというのが目的です。

 

社会人になってから留学する人の中には、
ある程度の基本的な語学力はすでに持っているという人は意外に多く、
仕事上、ビジネスの場で必要な語学力と共にと
ビジネスのスキルを学びたいと考える人も多いのです。

 

このような人たちを対象とした語学のコースでは
入学する時にある程度の英語力を求められることがありますが、
あくまでも語学留学の一環として考えられているのです。

 

もしあなたが最初はビジネス英語のクラスを受講するまでの
レベルに達していなかったとしても、
何ヶ月間か語学学校に通い、クラスのレベルを上げてから受講する事も出来るので、
最初からでは難しい人でも諦めずに頑張りましょう。

 

また、専門分野を学ぶための大学への留学とは違い、
実践的なビジネススキルと語学力を身につけることができるため、
習得後は仕事の幅を広げることも可能になります。

 

もしビジネス英語のクラスを受講希望なのであれば、
前もって語学学校にビジネスクラスが併設されているか確認して下さい。
国や地域によっては、ビジネスクラスを扱っている語学学校が少ない場合もあります。
全ての語学学校にこのクラスが併設されているわけではありません。

 

またビジネスクラスを受講できるレベルの基準としては各語学学校によっても違いますが
英語中級レベル以上(TOEIC換算650点以上)と言われています。

 

また、先ほども挙げた様に、
ビジネスクラスの目的はビジネスマナーやメールのやり取り、挨拶の仕方、
メールの作成、履歴書の書き方、プレゼンテーションの仕方、インタビューの受け方、
などの実務的なことが目的なので、
会社の運営方法や経営学などを学ぶ訳ではありません。
それが目的の方は大学に行かれることをおすすめします。

 

また、語学学校の普通クラスは基本的には世界中からの学生が多いですが、
特に10代20代の若い人が多く見られます。
しかしビジネスクラスはどちらかというと、社会人経験の30代以上の人が多いようです。
ただの留学ではなく今後の仕事に役立てたい方は
ぜひビジネス語学留学も考えてみましょう。